リアウィングは車前方から流れてくる風を受けてボディを下に押し付ける効果(ダウンフォース)を発揮することによってタイヤのグリップを増そうとするものです。したがってサーキット走行をする場合などにおいては、リアウィングの角度をどのようにするかによって、レースの結果を左右するほどになるのです。リアに限らずエアスポイラーは車のダウンフォースを決定する非常に重要なパーツになってきますが、この角度を寝かせれば、空気抵抗は少なくなり直線でのスピードが出しやすくなります。しかし一方でコーナーリング時のタイヤのグリップは減りますからコーナーではスピードを落とさざるを得なくなります。つまりコーナーリングスピードが遅くなるのです。逆にこの角度を立たせたものにすると、タイヤのグリップは増しますから直線のスピードは遅くなります。しかしコーナーではあまり減速しなくてもタイヤは地面をグリップしますから通過することができます。つまりコーナーリングスピードは速くなるのです。このように、リアウィングの角度によって車の速度と特性が大きく変わりますから、直線主体のコースなのかカーブの多いコースなのかによってセッティングが変わってくることになるのです。レースの醍醐味はそうしたところにも表れます。