リヤスポイラーの役割

| 未分類 |

 

リアスポイラーには、リアアンダースポイラーとリアウィングスポイラーの2種類があります。リアアンダースポイラーと呼ばれています。これはリアバンパーの形を良くすることで、走行中にできる渦の発生を抑えて、気流をスムーズに流れるようにする役割があります。リアハーフにはリアバンパーと一体になったものがあります。リアウィングスポイラーは、リアハーフと同じように車体の後ろに取り付ける事で、走行中にできる渦の発生を抑えて気流をスムーズに流れるようにする役割があります。またダウンフォースによって後ろタイヤのグリップ力を強くする効果もあります。空力的役割で言えば車体上部の気流が遅い下面から気流が交わる時に、ボディ後端を下向きにおろすことで揚力を抑える役割があります。車体後ろのガラス端に取り付ければ、気流をスムーズに流す効果を向上することが出来ます。見た目もよくスタイリッシュアップのために、トランクルームの縁に取り付けることが多いです。リアウィングスポイラーは主に走行性を重視したスポーツカーに取り付けられることが多いのですが、小型のスポイラーならトランクルームのあるセダンにも取り付けられることがあります。ハイマウントストップランプを内蔵したものもあります。