車の外装についているミラーには大きく二つ種類があります。ひとつは普通乗用車によくついているドアミラーです。これはデザイン性を重視しつつ運転席のすぐ隣にミラーがあるので、後方確認をすぐ行うことができるという利点があります。一般的にはこのタイプのミラーが主流ですが、これは元々欧米車がこのミラータイプを採用しており、日本に輸入されてデザイン性のよさなどから爆発的に人気がでて今に至るのです。、もう一つがタクシーなどで多く採用されているフェンダーミラーです。この最大の特徴は安全性に優れているという点です。このタイプのミラーは車体の前方についているため後方を見るときに前者のミラーよりも死角が少なく広範囲を見渡すことができます。また、運転席から両方のミラーを視覚に捉えることができ、視線移動をすることなくミラーを覗けるので脇見運転による事故を防止する効果があります。そして、このタイプのミラーは車幅の目安にもなるので、縁石に車を寄せる際の目安となり非常に便利でもあります。これらがお客さんを運ぶタクシーに多く採用されて理由でもあります。しかしこのタイプは電動でミラーの位置を変えることができないので、運転者が交代するたびにミラーの位置を自力で調整しなければいけないというデメリットがあります。